September 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

秋の草花のスケッチ

世間は4連休だが、時間が出来ればひたすら森の大きな絵を制作。

ここ最近、森の衰退が酷すぎる(なぜか回復しない)ので、2009年〜2012年頃の写真を見て作業をしている。

 

今年も花が終わりなので、敬老の日に慌てて芦生に来た。

 

 4:30自宅出発

 8:00芦生駐車場到着。

林道へ入ってすぐにしか花が無いので(人家に近い場所の方が多い)

歩き始めて50mのところで、鹿の嫌いなイワヒメワラビに身を隠しているミゾソバを見つけた。

スケッチしようと座り込むと、なんと、小さな花がいっぱい隠れている。

サワオトギリ、コナスビ、ハシカグサ、トキンソウ、ミゾホウズキ、カタバミ、チジミザサ・・・

これは時間がかかりそうだ・・・と始めた。

 8:45〜12:30

 

スケッチしていると隣でカサカサと草の中で音がする。

音が長らく止まないので、これはトカゲかヘビか??と

動画を取りながら近づいた・・・。

 

 

ぴょーんと 飛び出したのは15冂のミミズ!

え???と思うが早いか、モグラがミミズを仕留めて土へ戻った。
生きたモグラを初めて見た。
銀鼠色のふさふさの美しい上半身が目の裏に焼き付いた!
(動画はそんなはっきり写ってないのですが・・・)
その後も、カラ類が集団で通り過ぎたり、
描いている花にいろんな虫が蜜を吸いにやってきたり。
一か所に3時間以上も座っているのだから、森の来訪者がなんとも嬉しい。
 12時を過ぎた。
今日はもう一つ、ある谷に放置している小さなネットを回収の予定をしている。
どんな花が咲いているかを確認しながら目的地へ。
 林道の足元には、コアカソ、ムカゴイラクサ、アオミズ、ヤマミズ、イヌコウジュ、トウバナの仲間、タデの仲間
 林道の法面には、キクバヤマボクチ、シロヨメナ、アキギリ、アキチョウジ、アキノキリンソウ
 アシウアザミは花を終え、ナルコユリは実をつけている。
少なくなったが、花を見つけられて嬉しい。
この分だと、ネットを残している谷も少しは回復しているかもしれない!
期待を持つと、足取りも軽くなった。
14:00時に目的地に到着。
ところが、期待は大きく裏切られた。
研究が終了し、大小5所の防護ネットを少しずつ一人で回収してきた。
小さな1つのネットを残して。
そして、ここへは2年前から来ていない。

落胆するのが怖いからだ。

 

足元に14株あったナツエビネを探し回ったが、跡形もなく消失している。
有るのは、残した小さなネットの中の2株だけだ。
対岸に18株あったが、遠目にも苔以外なさそうで、ガレ場の様になっている。
川を渡って(無いことを)確認しても仕方が無いので、探すのは止めた。
最期のネットを回収に来たので、外しかけたが
まるで人工呼吸器を外すように感じられた。
 これを外せば、この2株も終わりだ。
そう思うと、また、ネットを付けてしまった。
 来年まで置いておこう。
 来年に考えよう。
 いっその事、鹿がネットごと丸呑みしてくれたら、諦めもつくのに。
(ネット破って、中だけ食べられるのは悔しいが)
地元の猟師さんが必死にシカを仕留めてくださっているのに、
森は回復するどころか、衰退の一途をたどる。
防護ネットの中にしか、植物が残らない。
ネットは、今や森の人工呼吸器のようだ。
そんなことを考えながら、タラタラと来た道を戻っていると
調査のFさんに出会った。
調査の話を聞いたり、ABCプロジェクトのネットを張り替えの話を聞いていると
気持ちも切り替わり 残したスケッチをやって帰ることにした。
 15:00〜16:30 イヌコウジュ・トウバナ類のスケッチ
 17:00 駐車地に戻る。
 21:00 自宅に到着。
帰途、森の人工呼吸器(防護ネット)、今あるものだけでも何とか維持しなきゃと強く思った。

 

鳥の写生

 

最近、森の絵に鳥を入れるため、資料を作っている。(写真上)

写真を見たり、動物園でスケッチをしたり

 

森の中では、一瞬しか姿を見せてくれない。

(姿が見れたら御の字で、大概は声だけ。)

 

写真からでは羽毛のつき方がよくわからないため

斧蛇館で写生をさせてもらうことにした。

 

10:00〜17:00 3種類の鳥をえがく。

ふと小学生の頃に鳥のフォルムに惹かれてよく描いたことを思い出された。

 

羽毛は魚や爬虫類のうろこのように配置され、

重力に逆らって飛翔する 洗練されたフォルムと

鋭い口、目、脚は

私たち哺乳類とは全くかけ離れており、

小さな恐竜のように見えてくる。

 

鳥、ホント美しい!

 

そして、このフォルムには この鳥の生きざまが詰まっている。

 

この子は、どんな風に生きていたのだろう。

きっと、獲物を見つければ、おいしそうに食べたり

自由に森の中を飛び回っていたのだろう・・・

 

何らかの原因で、死んでしまったけど

今度は、森の絵の中で生き返り、自由に飛び回ってほしい。

 

そんなことを想いながら描いていると、あっという間に1日が過ぎた。

たくさんの鳥や動物たちの命の形に囲まれて

対話し、多くを教わり、とても幸せな気持ちになった。

 

しばらくは、写生を続けたい。

 

 ブッポウソウ 鉛筆写生

 

ヤマドリ ♂ 鉛筆写生

スケッチへ

自宅で森の絵を描いているが、森の季節感が分からなくなってきたので、

もう秋の花が咲いているのか?ヒツクラ林道と川沿いの確認に行ってきた。

 

植物の確認をしていると、オオバアサガラは、葉の形が違っていたことに気づいた。

完成した!と思ったのに、帰宅したら覚えているうちに修正しなければならない。

急に疲れがどっと出る。

 

それにしても、夏の森は静か。

今日はミンミンゼミが鳴いていたくらい。

 

川の中も少し歩いてみる。

十数年前に比べると、本当に花が少なくなった。

愕然とする一方、昔、森好きの方々と「きれいやな〜」と言い合った

楽しかった森歩きが蘇ってくる。

 

人の脳は上手くできている。

「楽しいこと」「嬉しかったこと」は鮮明に蘇るが

辛く、悲しいことはどんどん忘れて、はっきりは思い出せなくなるらしい。

 

今日はお盆でもあるので、懐かしい思い出に浸ることができて幸せだった。

 

自宅を5:30出発、芦生に8:30到着。

地元の方と少しお話をして、9:00から入林。

道中スケッチを2枚して、16:00下山。

 

★咲いていた草花★

オオチドメ、マツカゼソウ、トキワハゼ、ミヤマウズラ、ヤマジノホトトギス、ミゾホウズキ

ヘビイチゴ、カタバミ、オトギリソウ、サワオトギリ、ミゾソバ、オオカニコウモリ、ヌスビトハギ

ホツツジ、タラノキ、ボタンヅル

 

 

頭上の緑も、ギャップが多くなった。

 

写生3

今年は梅雨が長く、6月半ばから始まり8月に入ってようやく明けた。

 

COVID-19の件と梅雨で、仕事以外は自宅で絵を描く日々。

感染対策と自粛の徹底で体は健康だが、心がどよ〜んと死んでしまいそう。

そこで、梅雨明けを待って、森へ行った。

 

久々のお出かけが嬉しくて、朝3時に目が覚め、

4時に自宅を出発、7:20に芦生に到着。

地元の方と色々とお話をする。

お変わりのない笑顔に、心が少しずつ戻ってきた!

 

森は緑濃く、とても静か。

時折、トチノキから落ちる葉の音の大きさに

動物??と驚いて周囲を見渡すほどに。

 

9:00〜14:00まで頑張って、写生が完成。

 

林道の草花をスケッチしながら 15:45下山

 

 

トチノキ平 大トチ 76×56僉/綺

画面上半分は見上げて描いたので辛かった・・・。

 

 

芦生の秋草木図 ‐栃ノ木谷‐

「芦生の秋草木図」140×113僉‘明水彩  (8/13完成)

 

 

7月に入り、少しずつ日常が戻ってくると、また森へ気持ちが向くようになり

3月に鉛筆下書きのままに放置していた大きな絵に、やっと手を入れ始めました。

 

(5月・6月は無駄に人物を描いていました。

 新型コロナウイルスや災害で社会が苦境になると、人へ強く気持ちが向いてしまうからなのでしょうか。)

 

草本・シダ・木本、25種類以上。

 

大きな絵は、部屋に立てかけて描いていると、毎日、森の中にいるようです。

どんな風だったかなぁ・・・と、昔の記憶を辿っております。

 

2021年8月の個展で展示予定です。

 

木本(7):トチノキ、ナナカマド、オオモミジ、オオバアサガラ、ウリノキ、ツルアジサイ、カツラ

草本(12):アキチョウジ、アキギリ、ミズヒキ、タイミンガサ、トチバニンジン、チョウジギク

    ミヤマイラクサ、ムカゴイラクサ、ウワバミソウ、モミジチャルメルソウ、ナルコスゲ、アカソ

シダ(8):オシダ、ジュウモンジシダ、サジラン、ホテイシダ、オシャクジデンダ、オサシダ、リョウメンシダ、クジャクシダ

 

参考論文:KATO and OKUYAMA 2004

Changes in the biodiversity of a deciduous forest ecosystem caused by an increase in the Sika deer population at Ashiu, Japan

 

写生2

6月入って仕事が少しずつ戻り、忙しくなってきましたが、安堵しました。

今日は梅雨の中休み、車も使えるので森でスケッチ。

ところが、疲れがたまり、一時間も朝寝坊。

交通量が増えるので行くのを躊躇したけど走りました。

 

9:00過ぎ到着。

10日も経つと目当ての花は殆どが終わりでしたが、小紫陽花が唯一残っていました。

 

午前は、小紫陽花

午後は、サワグルミの写生。

 

サワグルミは好きなのですが、描くにはとても複雑で後回しにしていました。

羽状複葉であり、枝先に傘のようにきれいに輪状につく。

その感じを出す為に観察に根気を要する、また、マスキングなしで描くのはしんどい。

今日はよく頑張ったと思います。

 

集中の限界になったので15:00に切り上げて、16:00に帰途へ

 

ヤマアジサイがきれいでした。

ヤマツツジ、オオチドメ、コナスビ、トキワハゼ、デワノタツナミソウも咲き、

今年はアワブキが咲いてます!毎年咲かないので珍しい。

 

来年の個展で展示する森の大きな絵で

パーツごとの資料を作ってます。

 

 

 

コアジサイ リズムが分かったのでここでストップ 1時間半もかかった。

 

 

サワグルミ 葉のリズムが分かったのでここでストップ 2時間半もかかった・・・

 

 

写生

今日は朝4時起きで、自走で森へ写生に行って20時に帰宅。

周山街道の上弓削を過ぎた森からオオバアサガラが出てきて記憶がよみがえってきました。

「ここまででも走ってよかった!」

やっと、頭の中が森の時間に戻ってきました。

 

13年間も約月2回(冬季を除く)の割合で通っていたので、

コロナの件で春の森が抜けて、自分の体内の森時計が完全にくるっていました。

 

ぎりぎりセーフで、トチノキの花に間に合いました・・・。

また、描きたかった木の花たちも満開。

ウツギ、オオバアサガラ、ホオノキ、ガマズミ、コアジサイ

エゴノキとタニウツギは散り気味

ミヤマヨメナ ナルコユリ・・・

 

 

9:00〜12:00 トチの花のスケッチ

13:00〜15:00 本紙(56×76僉砲糧省だけ写生をやりました。

 

ここで目が疲れて、ストップ

 

森でイーゼル立てて描いたのは初めてですが、大きな木なので、イーゼルがあると描きやすかった〜。

水は絵の具を溶くために筆に含ませる量(10ml)ずつしか入れないので、汚水はできません。

筆を水で洗わず描き進める森写生方法(森の石ころ流)は、おととし確立しました!

この写生の上半分は、また別の日に。
そして、この写生から絵にしたものを来年展示予定。

 

更に、調査中のFさんにもお会いできて、色々と森の話を伺うことができ

頭の中はすっかり元に戻ってきました。

 

今日は間に合ってよかった、そして、いろんな方に感謝の気持ちでいっぱいになりました。

 

 

谷の朝

 

ファブリアーノ国際水彩画フェステイバル2020年に、今年は5月26日〜6月6日までイタリア現地へ赴く予定でした。

コロナの件でフェステイバルは延期になりましたが、5月25日〜31日の期間 FaburianoInAcquarello、YouTubeで主としてイタリア在住の作家のデモンストレーションなどのイベントプログラムが開催されています。

 

その一つのプログラム

イタリア時間の5月25日22時〜26日10時(日本時間26日5時〜17時)まで、

世界のすべてのアーテイストが自分の家でペイントしましょう!

に私も参加しました。

 

Drowing Japan Time 26/05 10:00-13:00 

日本時間 26日10時〜13時に、この絵を仕上げました。

手順と短い動画をFacebook のFaburianoInAcquarelloグループに投稿しています。

 

題材は芦生の森での谷の朝です。

 

※手順と動画はこちらです。http://2.morinoisikoro.babyblue.jp/?eid=77

 

 

ネットの補修作業

日曜日、芦生ササクエルカスのネットの補修に、芦生研究林から特別許可をもらっていってきました。

緊急事態宣言の特別警戒地区に芦生研究林も入るため京都市外で研究林に近い2名の方に補修作業をお願いしました。

 

3月末にネット上げて、すぐに補修に行く予定が、緊急事態宣言で待機。

木の葉が芽吹く頃には作業を終えないといけないので、さすがに、これ以上後ろへずらせない・・・

と、感染防止対策を整えました。 

 

・前の人と2m以上開けて歩く、ただし、前の人が見えること。 

 

・マスク、または てぬぐいで鼻と口をおおう。 

 

・車の相乗りはせず、一人で自走する。 

 

・近隣の人

 

 予想通り、支柱が倒れたり、その倒れたネットの隙間から鹿に食べられたり( ;∀;)

やっぱり!!!

 

そして、ガッカリ・・・。

 

何とか、15基と8基の補修を少人数で終えました。

あと3か所の作業が残りました。

森の中をあちこち移動して作業したこと、自宅に籠っていることで、翌日(月)は、起き上がれませんでした。

 

でも、これで、雪が降る前まで、何とか持ちそうです。

 

※2020年の源流の森・水彩画カレンダーの利益をこの活動に充てさせてもらっています。

 

 

12345>|next>>
pagetop