December 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

11〜12月の展覧会 終了しました。

☆展覧会のお知らせ☆

寧楽の会展‐水彩画・日本画・洋画‐

会期:11月27日(水)〜12月3日(火)

   午前10時〜午後8時

場所:近鉄百貨店奈良 5階美術画廊

 

芦生の森 秋と春の水彩画を6〜7点展示します。

今秋に新しく描いた作品が中心です。

 

お近くにお出かけの折は、ぜひご高覧下さい。

 

☆展覧会のお知らせ☆は、こちらです。

 

 

 

芦生ササクエルカス・ネット降し

登山道から琵琶湖、湖東、そして白山まで見えました。

 

 

芦生研究林で保全している芦生ササクエルカスの小規模柵のネット下ろしました。

冬期は積雪2m近くになり、ネットの破損を防ぐためです。

 

11時に調査地について、5名でササネットを下ろす、45分で終了した。

御一人はご自分ネットへ行かれ、私を含めた4名で昼食をとる。

ぽかぽか陽気で、毎年寒風の中の作業ですが、なんと恵まれた日。

12時30分〜14時30分まで、4名で単木ネット18基のネットと支柱の冬支度。

新しい支柱の設置をしました。

4名で時間いっぱいギリギリの作業。

 

これで、安心して冬を迎えられます。

 

 

 

今年は5月の京都での個展、8月あべのハルカスでの個展、と続き

急遽、11月末に近鉄百貨店奈良でのグループ展の話も入り、

展覧会続きで、間に合わない〜〜と早朝も含めて描いていました。

今日は登れるかやや不安でしたが、途中から体のリズムが戻り

以前の芦生に通い詰めた頃を思い出せ、とてもいい日になりました。

 

森の状況は酷いですが、小さな柵の中で美しく黄葉しているミズナラや

緑の葉をいっぱいに広げるササを見ると、心が温まりました。

 

 

今年、お手伝いいただいた方々に 心より感謝いたします。

また来年もよろしくお願いします。

 

 

※2019年のカレンダーの利益で作業をさせて頂きました。

 本当にありがとうございます。

雪解けの森

 

「雪解けの森‐芦生‐」56×38僉‘明水彩

 

 

小さな滝場は実景で、右に早春の山野草を描いている。

・・・本来の森の姿は、こうなのだろう・・・

毎日、画面を見ると想いがこみ上げてくる。

 

森に夢を見てるのでしょう、

鹿が増えすぎなければ、本来はこうだと。

 

人が守ろうとしなければ

関西にこのような谷は、残らないかも知れない。

 

 

 

 

 

2020年 水彩画カレンダー 発送開始しました。

お蔭様で今年も、デザイン会社(TUKTUK)のご協力を頂き

2020年の『源流の森から 水彩画 卓上カレンダー』が完成しました。

 

11月11日より商品の発送開始となります。

120部限定。

※カレンダーの利益の全てを、京都大学・芦生研究林における

芦生の森の保全活動「芦生ササクエルカス」の小規模鹿防護柵の修繕、維持管理費に

大切に使わせて頂いております。

☆残り3冊です。(11月28日追記)

また、京都・神宮道にOPENした ギャラリー胡々湾さんで、芦生の森カレンダー2020年を取り扱って頂いてい居ります。

 

個展の記事・常設展・ポストカード・カレンダー2020

先日のあべのハルカスでの個展が記事になりました。

 

また、京都・神宮道にOPENした ギャラリー胡々湾さんで、私の絵とポストカード、芦生の森カレンダー2020年を取り扱って頂いてい居ります。

 

詳細はこちらをクリックしてください。

 

錦秋の森3-朝-

「錦秋の森 −湿原の朝‐」透明水彩 56×38

 

11月27日〜の「寧樂の会」へ出品する作品です。

 

昨年に「ゆらぎシリーズ」が上手く行きました。

 

残っている「錦秋シリーズ」

森の黄葉・・・色の響き合いが出せたらな〜〜。

 

 

 

追記:11/6 スケッチ会で合計5日間、芦生にいたお蔭で「また描きたい!」と元気になりました。

   家で写真からばかりで描くと、作品の量はできますが、写真のような二次元の絵になりつつありました。

   現場で描くと、三次元の奥行きと広がりがよく分かり、自分の絵に反省して帰宅します。

   いつもモチーフ(森)から学ぶ姿勢を大切に

   上手い絵では無く、良い絵(人に何かが伝わる絵)を作って行きたい。

 

 

芦生の森と里 秋のスケッチ会A・B

一泊二日で芦生の里と山の家さんの御協力でスケッチ会を開催しました。

 

A.5名 10月27日(日)〜28日(月)

 

一日目、午後にぱらぱらと雨が降ったけど、陽が射してスケッチができました。

 夕方、芦生山の家ロビーで、1時間半落ち葉の写生
 夕食後、30分一日目の作品について合評。
二日目、雲一つない、快晴!
 早朝に出発し、森で4時間スケッチ。
 雨上がりの晴れは、スケッチには最高条件(と私は思っている。)
 空気中のちりやほこりが落ち、葉も洗われて風景がピカピカ光り神々しい。
 昼食はのんびり長治谷で頂いて、バスに乗ります。
 幽仙橋からバスを降り、須後まで観察会をしながら下山しました。
B.9名 11月2日(土)〜3日(日)

一日目、秋晴れの中スケッチができました。

 夕方は、芦生研究林事務所で30分程、観察と落ち葉ひろい
 夕食後、1時間ほど落ち葉のスケッチ。
二日目、夜明けのスケッチ。幻想的な風景に出逢えました。
 森で4時間スケッチ。
 昼食はのんびり長治谷で頂いて、周辺の観察会。
 その後、大カツラで観察会。
 名残惜しく、バスから黄葉に色づいた森を眺めながら下山しました。
今年は自分も殆どスケッチに森へ来れなかったから
この4日間+1日間(自分のスケッチで居残り)は
どっぷり芦生の空気と水に浸れ、心身ともに浄化されました。
皆さんにも、里と森の自然にどっぷり浸って頂けたのではないかと思います。 
何よりもお天気に恵まれ、森の神様に感謝します。
そして、芦生の里の方々のご協力を賜りました、本当にありがとうございました。

錦秋の森2

「錦秋の森」透明水彩 38×56僉10/16完成)

 

春、夏、冬、そして、後回しにしていた秋

相当な実験数を経て、やっと思うように描けるようになってきた・・・。

 

 

11月末からの「寧樂の会」近鉄百貨店奈良・美術画廊への出品のお話を頂けました。

 

こうしてお話を頂けて、なんとか食い繋いでおります。

感謝!感謝!感謝です。

 

ミズナラ実生測定

ギャップに出てきた、ミズナラ実生にネットを設置して、4年目。

年1回の測定をしています。

気象庁の天気予報が、前日に曇り一時雨から晴れに変わり、今年も無事終了。

4年生と2年生、ネット有と無しで大きな違いが出てきました。

 

今回、お手伝い下さった森林インストラクターのNさん、自然保護観察員のSさん、ありがとうございました。

また、作業予定を調整する為にご協力して頂いた方々に心より感謝申し上げます。

 

この芦生の植生回復作業は、2019年源流の森水彩画カレンダーの利益で行っております。

2020年源流の森、水彩画カレンダーは11月に完成予定です。

宜しくお願いします。

周囲のイワヒメワラビ群落の中で、ネットをして4年目。

チシマササが戻り、ミズナラ実生も腰の高さに成長しました。
※チシマザサは、鹿の採食で5年でほぼなくなりました。
※ミズナラは、ナラ枯れで半分以上の巨樹が枯死しました

 

生長の違いが、2年でもはっきりしました。
 

自然界で芽生えた実生は99%以上枯死するそうです。
わずかに生き残ったものが、森を作ります。
ネットの環境が心地いいのか、100%生存。

 

 

 

12345>|next>>
pagetop