March 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

早春の森2

キンキマメザクラ 満開を目の前で見たのは初めて!

 

3/26 新型コロナウイルス感染拡大防止策で、施設閉鎖のため仕事のキャンセル。

 

家に居てもガッカリで気が滅入るので、トロッコ道 灰野まで

11:30〜15:00、花の咲き具合を調べに行きました。

いいお天気で、1時間ほどスケッチもできてとてもよかった。

帰りにキンキマメザクラをスケッチしていると

自然文化村のガイドさんお二人にお会いできました。

 

 

【花】

白:ミヤマカタバミ、キンキマメザクラ

黄:マルバマンサク、キブシ

ピンク:イワウチワ

 

 

 

 

 

ササネット、ミズナラ実生ネット 上げ

数日前の林道の様子を見て、危機感を持ち、土曜日に急遽、調査地へ柵の様子を見に来ました。

改めて、複数人で柵上げに来る予定でしたが、

 

調査地は、GWの頃のような森の様子。

鹿にひどくアタックされてネットがちぎられてササの葉が食べられたりしていました。

 

偶然、お一人の方にお会いしたので、お願いして二人でササネット8基を上げました。

また、ミズナラネット15基(1基は土砂に埋もれて所在不明)は一人で3時間で上げれました。

これは、昨年の柵下ろしで工夫をしたため、作業の負担がずっと軽くなったためです。

 

3月はこの場所は雪に覆われ、来ることもできなかったので、私の頭の中の季節感が完全にくるってしまいました。

 

 

蛇足ですが・・・冬の間、ほとんどどこにも出かけていなかったので

文章を書いている翌日の今日は、筋肉痛であちこちが痛くなかなか起き上がれず

・・・年を感じます( ;∀;)

 

 

柵外はチシマザサの稈だけに・・・そのうち、この小さなネットもアタックされて食べられそうです。

早春の森

3/19 新型コロナウイルス感染拡大防止策で、施設閉鎖のため仕事のキャンセル。

それで、今年初の森へ 須後から落合橋まで春の進み具合の観察と花のスケッチをしてきました。

ぽかぽか陽気で、5月上旬かと思わせる森でした。

 

【花】

白:ミヤマカタバミ

黄:キブシ、ヤマネコノメソウ、ミヤマキケマン、カンスゲ類

ピンク:イワナシ

紫:ショウジョウバカマ、タチツボスミレ

 

【つぼみ】

白:オオバタネツケバナ

黄:ダンコウバイ

ピンク:イワウチワ

 

 

 

 

里山の植物

森里海連環学の[京と森の学舎]の同窓仲間の暮らす村で
今年から月一回の植生調査をされるので遊びに行ってきた。

 

名古屋、奈良、滋賀、京都と多方面から集まった7名。

植物・野生動物など多方面で活躍されている方々の豪華メンバーで

自己紹介を始めると、その動植物について質問が出て1時間ほどになった。

興味のある話は尽きない。

 

久々の野外観察!

定点観測場所以外も、道中の冬枯れの木の同定をしたり

鳥の観察をしたり。

そして、セツブンソウを保全されている方の案内で花園を拝見。

最後に、手作りのゆずシフォンと近くで焙煎されているおいしいコーヒーを頂き

名残惜しいが、薄暗くなってきたので解散。

 

 

毎年、4月から森作業開始だが
今年は雪がなく(深刻・・・)、南丹市まで車で走れた。

 

山道具を持たず、移動距離の少ない観察会が私には向いている。

仕事以外は部屋で制作していたので、心身共にリフレッシュできた上

森に花を加筆する気持にもなれた。

 

また、日が合えば参加させていただきたい!

 

 

久々に・・・

「夏の朝3-芦生の森-」56×38僉‘明水彩

 

冬ごもり中に、空のある風景7枚、バラの絵3枚、静物2枚を描いていました。

 

ようやく、森の絵に着手。

やっと・・・できたという感じです。

夏、やや涼しい束の間の朝。

 

今年は雪がほとんどなく、柵上げに行くのが怖い

(ひどく食べられているのではないか・・)

そのため、気持ちが沈み、なかなか森の絵を描けませんでした。

 

【2019年制作】

・「夏の朝」27×36

・「夏の朝2」27×36僉

 

 

立春大吉

140×113僉‘明水彩 

 

今日は立春

暦も気持ちも春です!

 

ブログがずっと止まっていましたので、何か森の話。

2年後に京都で、19mの壁面に絵を展示する企画を頂き、

大きな森の水彩画を並べて、森の空間をつくりたいと考えています。

 

そのため、昨年12月に8畳のワンルームをアトリエとして2年間借りることにしました。

(2年くらいなら貯金で何とかなる・・・との計算です。)

照明器具、カーペット、生活道具、大型イーゼル・・・など

想像以上に出費、そして、準備に時間がかかりました。

 

自宅の近所で、片道20分ほど歩いて出勤しています。

昨年はほとんど家から出なかったので、運動不足に。

いい運動にもなるし、家の雑務から離れ集中でき

長年悩んだけど、決断は良かったように思います。

 

さて写真は、今日の立春に最初のウオッシュをしたものです。

場所は、大好きな櫃倉谷です。

ここに花を加筆しようと、2009年頃の写真を見ていると

今は見当たらない、多くの花に出逢っているので驚きます。

 だから、毎週のように通ったのか・・・

と、かつての森を思い出し、目頭が熱くなります。

 

楽しかった昔を思い出すと、今との違いに落胆し

作業が全然進みません。

 

そこで、花を再現するのをやめて、そのまま描くことにしました。

約80号(140×113僉法仝の饗宴ー芦生の森ー の習作 

 

透明水彩で実験的に描くのがうまくいきました。

2021年夏、京都での個展に向けて、この森の大作シリーズを描いていきます。

(スケッチは5年かかりましたが・・・まだ足りません(涙)。)

 

謹賀新年 2020年

20回目の描き初め 2020年元旦

 

風は冷たいが日差しは暖かく、8:30〜9:00まで

今年で20回目になる描き初め。

無事、スケッチが出来たことに感謝。

 

 

本年もよろしくお願いします。

 

 

 

 

流れを渡って

「流れを渡って 検56×38僉‘明水彩 12/30加筆

日が傾きはじめ、急いで谷を下る。

長靴で右岸から左岸へ渡ると 

いつも ここで足が止まる。

 

足首くらいの浅い流れ

足元に見える水面下の表情

 

筆の動きで出せたらなあ・・・

と、2017年から同じ構図で4枚目。

 

ここが好きだな〜と、思い出す。

 

今年は5月8月11月と、新作を展示しようと必死に描いていたため、

ほとんど森へスケッチにこれなかった。

来年は、ゆっくり行きたい。
来年もよろしくお願いします。
皆様には よいお年をお過ごしください。

 

11〜12月の展覧会 終了しました。

☆展覧会のお知らせ☆

寧楽の会展‐水彩画・日本画・洋画‐

会期:11月27日(水)〜12月3日(火)

   午前10時〜午後8時

場所:近鉄百貨店奈良 5階美術画廊

 

芦生の森 秋と春の水彩画を6〜7点展示します。

今秋に新しく描いた作品が中心です。

 

お近くにお出かけの折は、ぜひご高覧下さい。

 

☆展覧会のお知らせ☆は、こちらです。

 

 

 

12345>|next>>
pagetop