September 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

秋の花 スケッチ

月曜日に1か月ぶりに芦生に行きました。

 

疲れが溜まっており、いつもの起床時間の3時間遅れ、7時・・・(゜゜)!

アカン、アカン、秋の花が咲いているし、行かなきゃ!!

京奈和⇒新名神⇒京滋バイパス⇒京都縦貫と、高速を使って11時に到着。

片道2200円も投資すれば、2時間半で来れる。

運転も楽ですが、特別事情が無い限りは使えない(+o+)

 

 

気象庁の天気予報で降水確率20%

しかし、現地は小雨。

車中で昼食を済ませて、傘をさして11:30〜15:00までスケッチ。

樹の下に入るとほとんど雨もかからず作業ができた上、

絶対に見たくないヤマビルにも、出逢わなかった。

 

 

さて、内杉谷林道入口から30m程の距離に20種類以上の花を見つける。

雨は降ったり止んだりなので、ザックを車へ置きに戻り

スケッチブックとカメラだけを持ち、入り口で座り込む。

 

写真を撮るだけなら直ぐですが

描くとなれば、1つの花に15〜30分は必要になる。

 

 

 白:イタドリ、ホツツジ、ミツバベンケイ?、ハシカグサ、ミゾソバ、ヨツバムグラ?

 桃:ハグロソウ、ゲンノショウコ、イヌコウジュ、イヌトウバナ?、ハナタデ?、ヤナギタデ?

  ヤマジノホトトギス

 黄:ヒメキンミズヒキ、サワオトギリ

 黄緑:チジミザサ、アシボソ、アカソ、アオミズ、ヒカゲイノコヅチ

 蕾:タニソバ

 

・・・・

 

大急ぎで描いて、3時間半で14種類を記録。

 

その後、京都市内の病院に母が入院しているので寄る。

ブログをかいている今日、退院できた。

 

これから、年々、親の事で大変になる

そんな年齢になったけど、

森の水の流れや小さな花を見ていると、束の間、現実を忘れて心が安らぐ。

 

絵が、日常生活に追われている人、落ち込んでいる人の

癒しと心の安らぎになるように、頑張りたい。

 

 

 

 

特別招待作家として出品

☆日中友好 大阪画院展☆

特別招待作家として水彩画を出品させていただくことになりました。

詳しくは、こちらをクリックしてください。

 

会期:10月4日(金)〜6日(日)

場所:大阪船場センタービル4号北地下1階

         (地下鉄 堺筋本町駅下車直ぐ)

 

巡回:11月29日(金)〜12月1日(日)神戸

 

個展の記事・常設展・ポストカード

先日のあべのハルカスでの個展が記事になりました。

 

また、京都・神宮道にOPENした ギャラリー胡々湾さんで、私の絵とポストカードを取り扱って頂いてい居ります。

 

詳細はこちらをクリックしてください。

 

個展・終了しました。

会期:2019年8月21日(水)⇒27日(火)

   午前10時〜午後8時(最終日 午後5時まで)

   ※(木)以外の午前11時〜午後6時在廊予定

場所:あべのハルカス近鉄本店タワー館 

   11階 アートギャラリー

 

森の四季:25点

花・人物:15点

 

40点近く展示いたします。

 

森の動物たちも、目を凝らして探すと出迎えてくれます。
夏休み後半、大人も子供も楽しんで貰えるよう工夫しております。
ぜひ、ご家族、お友だちと遊びにお出掛けください。

 

※お花・お祝の品は会場の都合によりご遠慮申し上げます。

 

 

8月28日追記

多くの方々にご来場いただけました、心より感謝申し上げます。

夏の朝2

「夏の朝2‐芦生の森‐」27×37僉‘明水彩

 

一枚目は綺麗過ぎたので、いつもの描き方で描いてみた。

自分は2枚目の方が、光が急に刺しこんで、ハッと振り返った様子が伝わるような気がする。

 

 

夏の朝

「夏の朝‐芦生の森‐」27×37僉‘明水彩

 

先日の森でのスケッチより、描き起こしました。

今までの書き方と、違った方法で実験中。

 

 

 

一日の始まり

「一日の始まり-芦生の森- 」18×27僉‘明水彩

 

先日のスケッチより

 

個展の出品作品の見直し(描き込み・描き直し等)が終わったので

予備作品を描いています。

 

 

 

 

春日影

「春日影供42×31僉‘明水彩

 

今年のカレンダーの1月・2月の絵を、もう一枚描いた。

変更箇所は、ヒメアオキを分かりやすくし、地平線を入れたこと

そして、オオアカゲラも加えた。

 

以前は申請して、ここで何枚も絵を描いた。

スケッチしていると、色んな鳥の声が聞こえる。

一頭の牡鹿にも逢った。

 

調査が始まり、ここでスケッチしようと想わなくなった。

 

絵は、そこに『夢』を見るから、描けるのかもしれない。

 

 

白光

白光機8F号

 

2018年1月に展示した作品に、加筆しました。

 

12345>|next>>
pagetop