August 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

知ろう守ろう芦生の森(2011年〜)

2011年からスタートした知ろう守ろう芦生の森ボランテイア

(※過去の活動内容は「知ろう守ろう芦生の森ボランテイア」をクリックするとご覧になれます。)

 

 

昨年は、仕事と重なり一度も参加できなかった。

今年は仕事を調整し、やってきたのだが、鹿防除柵内の樹木の成長に驚いた。

 

担当の調査区2の柵内、イワヒメワラビを除去せず放置した場所は

クマイチゴ、ブナ、アシボソなどが、大きく成長しイワヒメワラビ群落の上に頭を出し始めていた。

そのうち、これらの樹種に被陰され、イワヒメワラビ群落は消滅するのか?

 

柵で囲って6年でも、単一の植物群落、または、裸地に近かった土地に

多様な植物が混生していく

植生の変化過程を、この柵内で観ていると、心が晴れ渡ってゆく。

 

 

私は今年も4班担当、初参加のTさんは手際よく記録をして下さるので

2人でしたが作業がスムーズに進んだ。

お昼前に柵内の放置区の10区画のブナ本数調査、及び被覆度調査と1区画の多様性調査を終え

昼食後は、柵外の除去区の4区画を終えた。

 

最近、夏バテ気味だったけど、久々に、皆さんにお会いし

森と人の笑顔に、心が癒され、元気を貰えた。

 

ありがとうございました。

 

 

柵外 イワヒメワラビ 柵外 イワヒメワラビ群落

 

調査区2調査地2 柵内のタラノキ、イタドリは背丈を超した。

調査区1の柵外調査地1 柵外

comments

   
pagetop